理学療法士の年収

理学療法士の年収

理学療法士の年収:平均は?

理学療法士の年収が気になるところです。理学療法士ってご存知ですか?リハビリテーションを行う専門家で、国家資格です。

 

病院やリハビリテーションセンターなど医療機関に勤め、病気・事故・老化などで身体機能が低下してしまった患者に、リハビリテーションを施します。

 

最近は、介護保険などもでき、老人ホームなど社会福祉施設での活躍も多いようです。活躍の場が広がり、これから高齢化社会ということで、理学療法士の需要は高まるといわれています。理学療法士の年収は、しかしそれほど高くなく、400万円前後といわれています。

 

需要があるのに不思議ですが、理学療法士の年収は、やはり給与が安すぎて人が定着しない、人材が確保できないといわれている社会福祉業界の影響を受けるのでしょうか。国家資格が必要な仕事で、かつ人体を直接扱う仕事なのに、一般事務の平均年収300万円台と比べて、理学療法士の年収は数十万多い程度とは・・・という印象を持ってしまいます。

 

また、理学療法士には男性が多いところも心配です。リハビリテーションの作業には、けっこうな力が必要だからです。

 

患者の曲げにくい箇所を曲がるように押したり、硬くなったところをもんだり、それこそ患者の体重を支えたりという作業には、かなり手の力を必要とします。そのため、女性よりも男性向きの仕事なのです。

 

それで理学療法士の年収平均400万前後とは、一家の大黒柱としてはやや細いような印象を受けます。ちなみに理学療法士になるには、3年以上の勉強が必要です。

理学療法士の年収:資格をとるには?

勉強するところは大学でも短大でも、養成機関でもいいのですが、3年以上勉強したあとに国家資格に合格して初めて理学療法士になれます。また、理学療法士の平均勤続年数は、3〜4年なのだそうです。

 

資格を取るのに3年かかって、3〜4年の勤務で辞めてしまうというのは、いささか早いと感じます。やはり、労働に見合った年収だと感じられない、ということなのでしょうか。似たような資格で作業療法士というのもあります。

 

こちらはリハビリテーションというよりは、患者に作業をさせるという仕事です。年収については、どちらもあまり変わらないようです。力仕事が多いのは、理学療法士のようですが。

 

需要が高まることはおそらく確かなのですが、年収にそれが直結するかどうかが違うのがまた給料ゲットの難しいところです。

 

現状は、社会貢献が好きだからやっている、患者とふれあい、回復していくのが楽しいからやっている、というところでしょうか。

体験者が選ぶ便利サービスランキング

求人・転職情報サイト「はたらいく」

求人・転職はたらいく

大手リクルート運営の求人転職サイトで、地域別の求人情報が見れるので、地元就職、転職したい方におすすめです!!

 

未経験でも募集している求人や高収入の求人など多数ありますが、人気の求人はすぐに埋まってしまうので、とにかくすぐに働きたいという方は、早めに応募しておくのがポイントです!

 

>>はたらいく公式サイトはコチラ

 

マイコミエージェント

マイコミエージェント

首都圏・関西圏の転職、求人ならコチラ。リクルートなどの大手ではないですが、その求人情報の80%が非公開求人ということで登録しないとみれない求人情報があるので、転職成功率も高いです!!

 

IT業界、営業職、医療系など、業界別のキャリアコンサルタントがサポートしてくれるのが特徴です。個人的には「今月の転職市場レポート」というのが参考になっています。

 

>>詳細はコチラ

 

資格と仕事.net

適職診断

数分でできる簡単なYes、Noチェックで適職診断が可能です。
私の場合、自分にあった職業を見つけることができ、最後の判断結果のページで思わず無料だったので資料請求をしてしまいました。
数日後届いた資料を見てかなりやる気がでたのは事実です!

 

>>適職診断ページはコチラ

 

>>資格と仕事のTOPページはコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ