年収偏差値

年収偏差値って

年収偏差値とは

年収偏差値とは何のことか、ご存知ですか?
平均年収を基準に、これを偏差値50とし、自分の年収がどれだけ上か下かを偏差値で表すものです。もちろん、平均年収は年齢別によってかなり違ってきますので、自分の年齢が、自分の年齢の平均年収よりどれだけ上か下か、という偏差値です。

 

自分の年収偏差値を知りたい!というかたは、インターネットで検索してみましょう。すぐにいくつか、年収偏差値を無料で算出できるサイトが見つかるはずです。まあこれは、一種のお遊びのようなものかもしれませんが・・・

 

しかし、なかなか興味深いところです。インターネット以外でも、雑誌などで、年収偏差値の特集が組まれていることもあります。
ビジネスマン向けの雑誌では、大学別年収偏差値ランキング!などという特集が組まれることもあります。

 

それ以外にも業界別とかいろいろバリエーションがありまして、子どもの就職をより良く導きたいというビジネスマンや、自分自身の年収を見つめなおしたいというビジネスマンには実に役立つデータであることでしょう。

 

ちなみに大学別年収偏差値ランキングは、その雑誌独自の調査に基づくものですが、大雑把に見ればやはり、入学に必要な偏差値が高い、つまり入学難易度が高い大学が、そのまま年収偏差値でもランキング上位という傾向になるようです。将来高給取りになるために一生懸命勉強しなさいと説く教育ママのせりふは、一応合っているようです。

年収偏差値と大学

年収偏差値と大学についてですが、若干の誤差は何事にもつき物で、少し調べると、1位が東大はまあいいとして、2位は京大かな?と思ったら違うのです。
京大はトップ10には入っていますが、その間に、難関校ではあるけれど京大ほどではないよね?というような関東の私立大学が多く入る傾向にあるのです。

 

やはり経済の中心地が東京で、一番仕事が多いのも東京ですね。ですから、関東の大学を卒業するということは、東京で就職するということが普通なわけです。そうなると必然的に年収が高くなる傾向にあるのではないでしょうか。

 

同じ入学難易度だったら、東京にある大学を出たほうが、年収が高くなるのかもしれません。
そう考えると、大学のなかにも、この偏差値でこの年収偏差値は高いよね?というお得な大学が出てくるということが当然、推定されますよね。意外と東京にある工科系大学にその傾向があるようです。

 

年収偏差値を考える上でもやはり手に職、スキルのつく工学系にすすみ、うまいこと大手メーカーなどに入ることができれば、それなりの大学名でも大企業の年収が得られます。
工学系の就職は教授のコネも重要ですから、そういったメリットが享受できるのかもしれません。

体験者が選ぶ便利サービスランキング

求人・転職情報サイト「はたらいく」

求人・転職はたらいく

大手リクルート運営の求人転職サイトで、地域別の求人情報が見れるので、地元就職、転職したい方におすすめです!!

 

未経験でも募集している求人や高収入の求人など多数ありますが、人気の求人はすぐに埋まってしまうので、とにかくすぐに働きたいという方は、早めに応募しておくのがポイントです!

 

>>はたらいく公式サイトはコチラ

 

ヒューマンリソシア

正社員を目指すならコチラ。リクルートなどの大手ではないですが、最短2週間の転職実績もあるほど、プロのコンサルタントがしっかり転職希望者のキャリア・志向性も理解して、求人を紹介

 

転職成功者の方からは、「親身に相談に乗ってくれる、良きパートナー」といった声もあがっています。

 

▼詳細はコチラ▼
あの大手企業も下記から確認できました!
【ヒューマンリソシア】careerオンライン登録キャンペーンへ

 

資格と仕事.net

適職診断

数分でできる簡単なYes、Noチェックで適職診断が可能です。
私の場合、自分にあった職業を見つけることができ、最後の判断結果のページで思わず無料だったので資料請求をしてしまいました。
数日後届いた資料を見てかなりやる気がでたのは事実です!

 

>>適職診断ページはコチラ

 

>>資格と仕事のTOPページはコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ